ルーンの月10万円稼ぐアフィリエイトサクセス

アフィリエイトで稼ぐ情報、情報商材の判定と評価、儲かるシステム方法を伝えます。アフリエイト、在宅、SOHO、副業、情報起業でのwin-winの法則をご紹介します。



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2009-04-15

トラックバックやってますか?

昨日に引き続き、ブログのアクセスアップについて考えてみます。
こんばんは、ルーンです。

ブログのいい所って、pingとトラックバックですよね!
今日はトラックバックについて説明しますよ!

皆様の応援に涙です
⇒⇒⇒ 
トラックバックとは、ブログの機能の一つで、
別のブログへリンクを張った際に、リンク先の相手に対して
リンクを張ったことを通知する仕組みのことです。


ニュースブログなんか見てると、トラックバック先が表示されています。


ブログ作者が別のブログの記事を参考にして自身のサイト
にコメントを掲載するような場合、元の記事へのリンクを張る
のが一般的ですが、単にリンクしただけでは元の記事の作者は
どこからどうリンクされているのか容易に知ることはできないのです。

トラックバックはリンク元サイトに「このような記事からリンクを張った」
という情報を通知する仕組みで、リンク元記事のURLやタイトル、内容の
要約などが送信されるのです。

トラックバックされたサイトはこの情報を元に「この記事を参照している記事一覧」
を自動的に生成することができるのです。


なので、ある時期から、記事を投稿するときに、
毎回50~200個のトラックバックをしていきました。

そうすると、トラックバック先のブログ運営者と読者が訪問してくれるようになります。

トラックバックの数が多いので、必然的に訪問者も増えますね。

もちろん、内容が関連した記事にだけ、トラックバックしました。

無差別にトラックバックしたら、スパムと思われてしまいますからね。

自分のブログの記事の数や、トラックバック先のブログの
アクセス数などにもよりますが、トラックバック1個につき、
5~20アクセスを得ることができているようです。

あなたのブログの設定をトラックバックをすぐに表示するように設定して
おいたとしたら、あっというまに「アダルト系」のトラックバックでいっぱいに
なりますよ!!彼らは無差別ですからね!(一度、実験で試してみては?)

ですから、トラックバックは「承認後に表示」にしておいたほうが無難です。

あなたが、無差別なトラックバックを気にしないのであれば別ですけど・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

テーマ : アフィリエイト初心者向けノウハウ
ジャンル : アフィリエイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

こんばんわw 金萱ですw

トラックバックは使ってないですね(;・∀・)
関係ない物をコピペでされたり
HPの直リンク貼られたりしてはいるんですけど
そういうのは何度もされると迷惑なので
IP自体ブロックさせてもらってます

応援凸ポチ
2009-04-16 22:56 : 金萱 URL : 編集
イージークリックカウンター
syunkan
無料サーバーで短縮URLが作成可能だから
リンク切れの心配なし!!
★新アクセス解析ツール登場★
⇒ 詳細レビューと特典案内
風花心伝
風花心伝
自分の気持ちをそのままに、表現できる教材です! 初心者の方からでも安心して始められます
⇒ 詳細レビューと特典案内
アドセンス最速戦略書
アドセンスって何?という方からアドセンスを始めたけど全然稼げない・・・・ まさにシステマチックに稼ぐノウハウ!
⇒ 詳細レビューと特典案内
【塾をも超える教材】 
■販売終了■
遂に販売終了決定!【塾をも超える教材】 アフィリエイト虎の巻
⇒ 詳細レビューと特典案内
ルーンの紹介

ルーン

Author:ルーン
情報商材を徹底的にレビュー
アフィリエイトに役立つ情報を
初心者にもわかりやすく提供していきます

メール・ご質問はこちらから




人気ブログランキングへ


最新情報はここでチェック
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
SEO対策
相互リンク
  • seo

Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
Googleボットチェッカー

キーワードアドバイス
ツールプラス


URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

人気ブログランキング
みなでペタ!あし@
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。